グラッシュビスタの副作用

グラッシュビスタを使用する際には、副作用があることを理解しておきましょう。

 

病院で処方される際にも医師から説明を受けると思いますが、事前に知っておくことで正しい使い方にも役立ちます。

 

 

副作用でよく現れるものが皮膚の色素沈着です。

 

液がまつ毛の根本以外に付着して、黒ずんだようになります。

 

色素沈着が現れても使用を中止することで元に戻りますが、液の付け過ぎに注意が必要です。

 

液が皮膚に付いた場合は、テッシュでふき取って下さい。

 

他には充血や痒みやしみたりします。これらの症状が継続して出るようでしたら中止してください。

 

 

虹彩色素過剰は非常に稀ですが副作用の報告があります。

 

虹彩の色が濃くなる症状です。

 

外国の方に比べて日本人は症状が出ても目立ちにくいですが、気になる方は医師にご相談ください。

 

 

副作用は適切な使用をしなかった場合に起こりやすくなりますので、医師の説明の元グラッシュビスタを正しく使用することをお勧めいたします。

 

 

副作用まとめ

皮膚の色素沈着 適量を守ることで防止可能ですが、症状が出た場合は使用中止で戻ります。
充血や痒み 症状が続いてしまうようでしたら医師へご相談ください。
虹彩色素過剰 虹彩の色が濃くなります。医師へご相談ください。

 

 

次のページではグラッシュビスタの使用方法を説明したいと思います。